JOHANNES VERMEER

平山郁夫

略歴

1930(昭和5年) 広島県豊田郡瀬戸田町北町(現・尾道市瀬戸田町)に生まれる。
1945(昭和20年) 修道中学3年在学時、広島市内で被爆する。
1952(昭和27年) 東京美術学校日本画家卒業。同校同学科副助手に就任。
1953(昭和28年) 再興第38回院展に「家路」(広島県立美術館蔵)が初入選。
1962(昭和37年) 第1回ユネスコ・フェローシップによりヨーロッパ留学。
1967(昭和42年) 法隆寺金堂壁画再現事業に携わる。
1973(昭和48年) 高松塚古墳壁画の現状模写に従事。
1984(昭和59年) 薬師寺玄奘三蔵院の壁画制作に着手。
1989(平成元年) 東京藝術大学学長に就任。
1993(平成5年) 文化功労者として顕彰される。
1996(平成8年) 日本美術院理事長に就任。シラク・フランス大統領からレジオン・ドヌール勲章を授与される。
1997(平成9年) 故郷の広島県豊田郡瀬戸田町(現・尾道市)に平山郁夫美術館開館。
1998(平成10年) 文化勲章を受章。
2000(平成12年) 薬師寺玄奘三蔵院(大唐西域壁画)完成。
2004(平成16年) 山梨県長坂町(現・北杜市)に平山郁夫シルクロード美術館開館。
2008(平成20年)
 
 
中国・北京の中国美術館で「平山郁夫芸術展」開催、フランス・パリのエトワール三越で「日仏交流150周年 平山郁夫シルクロード展」開催。
再興第93回院展に(祈りの行進 聖地ルルド・フランス)を出品。
2009(平成21年) 12月2日死去 享年79歳
  絲綢之路天空

絲綢之路天空

寧楽の幾望

寧楽の幾望

パルミラ遺跡を行く・夜

パルミラ遺跡を行く・夜

パルミラ遺跡を行く・朝

パルミラ遺跡を行く・朝

その他の作品
特殊美術印刷・シルクスクリーン・岩絵具仕上げ・特装金泥仕立額・黄袋・差箱・合箱入
法隆寺の春 薬師寺東塔 「月光流砂らくだ行
「法隆寺の春」
(ほうりゅうじのはる)

額寸:47.3×58.3cm
画寸:28.3×39.3cm
「薬師寺東塔」
(やくしじとうとう)

額寸:46.0×57.5cm
画寸:26.5×38.0cm
月光流砂らくだ行」
(げっこうりゅうさらくだこう)

額寸:45.5×58.0cm
画寸:26.5×38.0cm
仏教伝来 尾長鳥 慈光
「仏教伝来」
(ぶっきょうでんらい)

額寸:62.0×72.0cm
画寸:43.0×53.0cm
「尾長鳥」
(おながどり)

額寸:63.5×78.5cm
画寸:44.5×59.5cm
「慈光」
(じこう)

額寸:55.0×72.0cm
画寸:36.0×53.0cm
流砂の道 流砂浄土変 大徳寺境内
「流砂の道」
(りゅうさのみち)

額寸:47.0×60.0cm
画寸:28.0×40.0cm
「流沙浄土変」
(りゅうさじょうどへん)

額寸:45.5×57.0cm
画寸:26.5×38.0cm
「大徳寺境内」
(だいとくじけいだい)

額寸:58.0×45.0cm
画寸:39.0×26.0cm
万葉月華図 敦煌 莫高窟菩薩像  
「万葉月華図」
(まんようげっかず)

額寸:55.0×70.0cm
画寸:38.0×52.0cm
「敦煌 莫高窟菩薩像」
(とんこう ばつこうくつぼさつぞう)

額寸:88.0×57.0cm
画寸:65.0×35.0cm